【 ドイツ兵士の足となり駆けた傑作ハーフトラック 】 第二次大戦中にドイツ軍が運用した半装軌車(ハーフトラック)の中でも、最も小型の車輌がケッテンクラートです。車体中央のエンジンで履帯を駆動し、オートバイ型ハンドルで進行方向を操作。優れた重心設計や挟み込み式転輪により、高い走破性と牽引力を誇りました。また、大戦中に8,000輌以上製造されたケッテンクラートの中でも、1943年から1944年にかけての生産車は、それまでの型式に比べ丸みのあるテールライト基部や、後部座席側面の補強板などが特徴。大戦後半の各戦線で幅広い任務に使用されました。

【 模型要目 】 ケッテンクラート中期型の1/35スケール、プラスチックモデル組み立てキットです。★牽引時の全長139mm、全幅29mm。ユニークなフォルムはもちろん、緻密な足まわりなども実感豊かにモデル化。★エンジンや変速機はパーツ数を抑えて再現。エンジンハッチは開閉可能。★履帯は直線部を一体とした連結式。パッドは別部品として立体感あふれる仕上がり。★ドライバーと歩兵2体の人形付き。
もっと詳しい情報は、この商品のウェブページでご覧ください。

1/35 ドイツSd.Kfz.2 ケッテンクラート中期型

new!

2,530円 税込

送料 510円
127ポイント獲得
(ITEM 35377)
※掲載した画像はキットを組み立て、塗装したものです。

カラー・サイズを選択してください。