【 大戦中盤のドイツを支えた、短砲身IV号戦車の集大成 】 第二次大戦の全期間を通してドイツ軍を支えたIV号戦車のうち、短砲身24口径の7.5cm戦車砲KwK37を搭載した最後の生産タイプがF型です。車体の再設計により前型(E型)に比べていっそう洗練された姿となり、防御力も向上。またA型以降、装甲の強化を続けて増加した車重に対応するために、幅広の履帯が導入されました。短砲身型IV号戦車の集大成として1941年5月から1942年2月までに470輌が生産されたF型は、主に東部戦線やアフリカ戦線に出動。過酷な環境にも耐える高い運用性を発揮し、兵士たちから信頼を集めました。そして、ソ連軍のKVやイギリス軍のマチルダなど、重装甲の連合軍戦車を相手に当時のドイツ戦車随一の火力を活かして奮闘したのです。

【 模型要目 】 IV号戦車F型の1/35スケール、プラスチックモデル組み立てキットです。★全長168mm、全幅82mm。★平面構成の車体に短砲身の主砲を備えた精悍な姿を実感豊かに再現。★防御力を高めた装甲の接合部に施された溶接模様や幅広の履帯など、F型の特徴をとらえてモデル化しました。★エンジンデッキ上のハッチは熱帯地用ルーバーの有無が選択可能。★センターガイドの肉抜き穴を再現した履帯は、パーツの一体化を進めた連結組み立て式。上部のたるみを表現するための治具も用意しました。★キューポラハッチから前方を見据える車長と、側面ハッチから身を乗り出す砲手・装填手の全身像が臨場感を演出。★デカールは東部戦線に投入された車輌2種類をセット。
もっと詳しい情報は、この商品のウェブページでご覧ください。

1/35 ドイツIV号戦車F型

new!

4,400円 税込

送料 510円
220ポイント獲得
(ITEM 35374)
※掲載した画像はキットを組み立て、塗装したものです。

カラー・サイズを選択してください。