タイプ12からタイプ109まで、現存するロータスF1を取材し詳細な解説を加えた写真集として大反響を起こした、ロータス研究家としても有名なWilliam Taylor氏の著作、『Team Lotus - The Formula 1 Cars Book 』に、待望の日本語翻訳版が登場しました。
【チーム・ロータスの全てがわかる貴重な一冊】
チーム・ロータスが生み出した最初のF1マシンであるタイプ12から、チーム・ロータスとしての最後の活動となった、1994年のタイプ109までの全種類を収録。今から約10年前に世界中に大反響をもたらした写真集『THE LOTUS BOOK』の著者であり、出版社Coterie Pressの代表でもあるウィリアム・テイラー。世界を代表するロータス研究家である彼の解説と、当時のオフィシャルカメラマンであるピーター・ダーリーとイアン・キャットが撮影した実車写真を載せたグラフィカルな構成は、初心者からベテランまで、納得いただける内容となっています。また、日本版にはスペシャルとして、2010年にスネッタトン・サーキットでロータスF1参戦500戦を記念して開催されたメモリアルイベント“Classic Team Lotus Festival”の模様が、増ページのうえ収録されています。
●Coterie Press 刊
●総ページ数:74ページ 日本語表記
商品コードLOT-BOK-06JP
もっと詳しい情報は、この商品のウェブページでご覧ください。

Team Lotus-The Formula 1 Cars:チーム・ロータスF1図鑑(日本語版)

6,264円 税込

送料無料
313ポイント獲得
(ITEM EP051)

カラー・サイズを選択してください。