模型作りのための様々な情報を満載したタミヤニュース3月号が発刊です。さて、今月のタミヤニュースはまず、「模型ファンをたずねて」に大昭和ユニボード株式会社の代表取締役社長を務める庭田正昭さんが登場。模型との縁を再びつないだのは、中学生時代の力作でした。菊地晟さんの「モデラーのための戦史」はドレスデン爆撃の続編。第1波攻撃で市街に放たれた、810トンもの爆弾を読み解きます。藤森篤さんの「第二次大戦機の真相と深層」は、カーチスP40ウォーホークのPart3。15の連合国で運用されたP40が秘める、数値には表れない強みとは?佐原輝夫さんの「Telly's On The Road Again」はポルシェ935がテーマ。1/12スケールキットとRCモデルも人気となった、伝説のシルエット・フォーミュラの記憶がよみがえります。見開き情景ページは、リアルな水の表現が見どころの中畑晋さんの2作品を紹介。直径20cmのコンパクトサイズながら、存在感あふれる仕上がりです。さらに、1/24 キャンパスフレンズセットIIの発売を記念して、「マルケン塗り」で知られる岩重賢司さんによる製作記を掲載。元タミヤ社員でもある岩重さんが語る、初代キャンパスフレンズの開発秘話も見逃せません。新製品紹介は、複雑な形状を実車と同様の構成で組み立てる、1/24 マクラーレン セナをピックアップ。その他、斎木伸生さんの「戦跡をたずねて」や、昨年12月に行われた「タミヤGP チャンピオン決定戦 2020」のレポート、人形改造コンテストに寄せられた“バンクシー”をテーマにした作品特集など、盛りだくさんの内容です。


●模型ファンをたずねて
庭田正昭(大昭和ユニボード株式会社 代表取締役社長)

●博物館をたずねて
ベトナム防空・空軍博物館(ベトナム)(写真:岩波暁男・文:三野正洋)

●モデラーのための戦史 355
《夜空の死闘》-145(RAFボマーコマンド 対 LWナハトイェーガーの戦い)
XXVIII.ドレスデン-3 (菊地 晟 & 上田 信)

●イタリア軍装備解説 Vol.117
フィアット 626/666トラック (文・写真・イラスト 吉川和篤)

●第二次大戦機の真相と深層〈第22回〉
カーチスP-40ウォーホーク Part3
数値には現れない“鷹一族”の強み (写真・文 藤森 篤)

●On The Road Again Vol.35
(text・Illustration 佐原輝夫)

●私の傑作
 藤見利春(兵庫・81歳)

●新製品紹介
スケールモデル カタログ2021
1/24 マクラーレン セナ

●中畑 晋の情景
「Far bank!(対岸へ)」
「River crossing site(渡河点)」
2020年 静岡モデラーズ合同展示会 展示作品

●戦跡をたずねてVol.48
ドイツ海軍が戦った海(ノルウェー) (写真・文 斎木伸生)
 
●マルケン塗りのキャンパスフレンズII
(製作・写真・文 岩重賢司)

●タミヤグランプリ チャンピオン決定戦 2020
2020年12月19日・20日 タミヤ掛川サーキット

●人形改造コンテスト
第49回コンテストに寄せられた “バンクシー”をテーマにした作品

●裏表紙
第49回 人形改造コンテスト作品発表

もっと詳しい情報は、この商品のウェブページでご覧ください。

タミヤニュース VOL.622

new!

110円 税込

送料 90円
6ポイント獲得
(ITEM 65622)

カラー・サイズを選択してください。