MotoGP第一章である990cc時代、最終年となった’06年最後のチャンピオン争いは、ここ数年ではめずらしく混戦となった。それは、どのオートバイメーカーも有終の美を飾るため、惜しみなく新しい技術が次々に投入され、マシン開発の速度も例年以上のものであったからだ。たった1年のために彼らは、なぜマシンをそこまで進化させたのだろうか?追われるものと、追うものでは立場が違う、すると新技術を投入する理由も違ってくる。
【紹介されている主要マシン】
●Project Leader Interview ●BRIDGESTONE and MICHELIN ●Honda RC211V ●YAMAHA YZR-M1 ●DUCATI DESMOSEDECI GP6 ●SUZUKI GSV-R ●KR211V ●KAWASAKI ZX-RR ●ILMOR X3 Close up detail ●2006 World Championship Standing ●2006-2007 Test & 2007 Round 1 ●TAMIYA 1/12 scale
★大日本絵画刊
もっと詳しい情報は、この商品のウェブページでご覧ください。

ピットウォーク フォトコレクション Moto GPレーザーズ アーカイヴ 2006

4,042円 税込

送料 510円
202ポイント獲得
(ITEM 63334)

カラー・サイズを選択してください。

【メンテナンスに伴うサイト休止のお知らせ】
平素よりタミヤ製品をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
このたび、メンテナンスのため、以下の期間、各Webサイトを停止いたします。
2022年7月4日(月)10時〜18時頃まで……タミヤショップオンラインのサービスを停止
2022年7月4日(月)16時半〜20時ごろまで…タミヤ公式サイト(日/英)のサービスを停止
2022年7月5日(火)10時〜18時ごろまで……タミヤ公式サイト(日/英)のサービスを停止

※期間中は、カスタマーサービスへのメールによるお問い合わせができませんので、あらかじめご了承下さいませ。お客様にはご不便をおかけ致しますが、何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。