【 アメリカ空挺戦車M551シェリダンについて 】 水上浮航や輸送機からの空中投下が可能な空挺戦車として、1959年から開発が進められたのがアメリカ軍のM551シェリダンです。軽量化のため車体をアルミ合金製とし、主砲には通常弾に加えシレイラ対戦車ミサイルも発射できる152mmガンランチャーを装備するなど当時の最新技術を導入し、1966年5月に制式化。同年6月から1970年11月までに1,600輌以上が生産されました。ベトナム戦争中の1969年1月に初めて実戦に投入され、強力な多目的榴弾を使用した陣地攻撃などに威力を発揮。その後、1989年にはパナマ、1990年にはイラクにも派遣されました。1996年まで実戦部隊への配備が続けられたM551シェリダンは、2004年に完全退役となり、その役目を終えています。

【 実車取材で実現した迫真のリアリティ 】 水上浮航や輸送機からの空中投下が可能な空挺戦車として1959年から開発が進められ、ベトナム戦争や湾岸戦争などに投入されたアメリカ軍のM551シェリダンを1/16スケールで再現した電動ラジオコントロールタンクの組み立てキットです。●全長408mm、全幅177mm、全高186mm(ガンシールド含む)●152mmガンランチャーを搭載した左右非対称の砲塔を持つ、シャープで力強いスタイルを実感たっぷりに再現。●砲身は精度の高いアルミ切削製。●ゴムパッドをインサート成形した樹脂製履帯は連結済み。●前後進や左右旋回をはじめ、砲塔旋回や砲身上下もコントロールでき、射撃時の砲身後座や車体反動まで再現。●V6ターボディーゼル・エンジン音や主砲発砲音など、それぞれの動きにサウンドが同調。●別売のバトルシステムも装着でき、他の1/16RCタンクとの対戦も楽しめます。

【 ファンクションボタン装備の4ch送信機を採用 】 RCメカは混信の心配が少なく、気軽に複数台で楽しめる2.4GHzプロポセットを採用。スティックタイプの4ch送信機は各チャンネル用のトリムレバーはもちろん、戦車の多彩な機能にワンボタンで対応する、ファンクションボタンを10個装備しました。また、液晶画面でボタンファンクションをはじめ、チャンネル位置が変更できるチャンネルスワップ、サーボのエンドポイント調整など、様々なセッティングができ、各種の情報表示も可能です。さらに、独自にセッティングしたデータを最大5機種までメモリーできるのも特徴です。

【 基本スペック 】 ●全長408mm、全高186mm(ガンシールド含む)、全幅177mm、全備重量2.5kg ●V6ターボディーゼル・エンジン音は実車の音源をデジタルサンプリングしたもの。●エンジン音や主砲発砲音などをはじめ、すべての動きにサウンドが同調。車体に搭載されたスピーカーユニットから重厚なサウンドを響かせます。 ●マルチファンクションユニットや2.4GHz帯仕様の4chプロポ、走行用バッテリー、充電器も付いたフルセット。

【 別にお求めいただくもの 】 ●送信機用電源(単3形電池4本)
もっと詳しい情報は、この商品のウェブページでご覧ください。

1/16RC アメリカ空挺戦車 M551 シェリダン フルオペレーションセット(プロポ付)

105,600円 税込

送料無料
5280ポイント獲得
(ITEM 56042)
※掲載した画像はキットを組み立て、塗装したものです。

カラー・サイズを選択してください。

台風19号による災害のお見舞い

この度の台風19号により、被災なさった皆様へお見舞い申し上げます。
被災なさった皆様のご安全と被災地域の復興を、心よりお祈り申し上げます。

弊社では通常通り業務を行っておりますが、災害の影響により製品や修理品の到着遅れ等が発生する場合がございますので予めご了承下さいませ。

2019年10月15日
株式会社タミヤ