【 独ソ戦の先陣を切ったチェコ製軽戦車 】 1939年にチェコを併合したドイツは、チェコ製のLTvz38軽戦車を自軍向けに38(t)軽戦車として制式採用しました。車体と砲塔はリベット接合式、主砲には3.7cm戦車砲を備え、機動力にも優れた38(t)軽戦車は、初期の電撃戦などで奮戦。その後も改良が加えられてG型まで発展し、シリーズ合計で1,400輌以上が生産されました。中でも各部に装甲板を追加して防御力を高めたE/F型は、1941年6月からの独ソ戦初期に数多く投入され、ドイツ戦車部隊の一翼を担いました。

【 模型要目 】ドイツ軽戦車 38(t) E/F型の1/35スケール、プラスチックモデル組み立てキットです。★全長132mm、全幅62mm。★リベット接合式の車体や砲塔をリアルに再現。★前線における改修で装備された左右フェンダー上の大型ボックスなどもパーツ化。★履帯は直線部分を一体とした連結組み立て式。上部のたるみも自然に仕上がります。★エンジングリルのメッシュはエッチングパーツで表現。★キューポラハッチに座るコマンダーの人形1体と、東部戦線に投入された車輌のデカール2種類をセット。
もっと詳しい情報は、この商品のウェブページでご覧ください。

1/35 ドイツ軽戦車 38 (t) E/F型

new!

3,300円 税込

送料 510円
165ポイント獲得
(ITEM 35369)
※掲載した画像はキットを組み立て、塗装したものです。

カラー・サイズを選択してください。