【ソ連にも供与されたアメリカ軽戦車】第二次大戦前にアメリカ軍が開発したM2軽戦車の改良型として、1941年3月に生産開始されたのがM3軽戦車です。リベット構造の車体に250馬力の空冷星形エンジンを搭載し、主砲として37mm戦車砲を装備。当初採用していた車長用キューポラ付きの角形砲塔はその後、側面や後面を曲面形状に変更し避弾性が高まりました。さらに背が高く目立ちやすいキューポラを廃止した砲塔を搭載したタイプも登場。主砲同軸、車体前部、両側スポンソン、そして砲塔上部に合計5挺の7.62mm機銃を備え、スポンソン機銃は後に撤去されました。アメリカ軍のM3軽戦車は北アフリカや太平洋戦線で枢軸軍を相手に奮戦。またソ連にもレンドリースの一環として送られ、偵察や歩兵支援用として使用されました。

【 模型要目 】 アメリカ軍の軽戦車、M3スチュアート 後期型のプラスチックモデル組み立てキットです。★1/35スケール、全長129mm、全幅64mm。★綿密な実車取材に基づいて、リベット構造の車体とキューポラのない砲塔を備えるタイプをリアルにモデル化。★砲塔上の7.62mm機銃や機銃架も立体感豊かに再現。★左右スポンソンの機銃は取り付けが選べます。★履帯は手軽なベルト式。スプロケットやサスペンションなど足まわりもシャープな仕上がり。★砲塔上のハッチに収まるコマンダーの半身像1体をセット。頭部はアメリカ兵とロシア兵の選択式。★デカールはチュニジア戦線のアメリカ軍1種とロシア戦線のソ連軍2種の計3種類を用意しました。
もっと詳しい情報は、この商品のウェブページでご覧ください。

1/35 アメリカ軽戦車 M3スチュアート 後期型

3,240円 税込

送料 400円
162ポイント獲得
(ITEM 35360)
※掲載した画像はキットを組み立て、塗装したものです。

カラー・サイズを選択してください。

【お見舞い】
このたびの台風21号および北海道地域での地震により被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。