【小情景の製作が楽しみなゴリアテと突撃工兵】 第二次大戦中、ドイツ軍が開発した履帯駆動の小型爆薬運搬車がゴリアテです。最初に生産されたSd.Kfz.302は全長約1.6mのコンパクトな車体に電動モーター2個と12Vバッテリー、最大60kgの爆薬を搭載。有線で遠隔操作して目標に接近、爆薬を炸裂させることができました。1942年4月から1944年1月までに約2,650台が生産され、主に突撃工兵が運用。幅広い戦線で固定陣地や車輌への攻撃、地雷原突破用などに使用されました。

【 模型要目 】 ゴリアテ2台と突撃工兵の人形3体をセットしたプラスチックモデル組み立てキットです。★1/35スケール、ゴリアテの全長47mm、全幅24mm。★平面構成の独特な姿を繊細なモールドで立体感豊かに再現。★車体後部のパネルは開閉選択式で内部のリールもパーツ化。★履帯は直線部分を一体パーツとした部分連結式。★人形はコントローラーを操作する兵士や指揮官、小銃手をセット。★小火器や装備品もリアルに再現。
もっと詳しい情報は、この商品のウェブページでご覧ください。

1/35 ドイツ突撃工兵チーム ゴリアテセット

1,512円 税込

送料 400円
76ポイント獲得
(ITEM 35357)
※掲載した画像はキットを組み立て、塗装したものです。

カラー・サイズを選択してください。

【お見舞い】
このたびの台風21号および北海道地域での地震により被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。