【 冷戦時代の戦車開発競争の基点 】 東西両陣営が対立を深めていた1958年に生産が開始され、ベースとなったT-54や派生型を合わせて約10万輌を生産。その後に続く米ソ間の激しい戦車開発競争の基点となったのがソビエトのT-55戦車です。生産性と避弾径始に優れるコンパクトな車体と半球形の砲塔に強力な100mm砲を搭載。そして1960年代初頭には対放射線能力を高めたT-55Aの生産も開始されました。これらT-55やT-55Aはチェコやポーランドでもライセンス生産され、それぞれアップデートが重ねられた結果、数多くのバリエーションが生まれました。T-55の生産は1970年代末まで続けられ、東側諸国やアラブ諸国など40ヶ国以上に配備、中東戦争や湾岸戦争など世界各地の紛争に姿を見せたのです。

【 模型要目 】●T-55Aの1/35スケール、プラスチックモデル組立キットです。 ●全長259mm、シンプルで車高の低い精悍なスタイルを高い実感でモデル化。 ●対放射線能力を高めた基本的なT-55Aの他、DShK-M対空機銃を装備したT-55やT-55Aも選択可能。さらにチェコやポーランド生産型も作り分けられます。 ●エンジングリルや燃料タンク、独特な形状の転輪など細部まで密度感あふれる仕上がり。 ●コマンダーの人形1体、デカール5種類付き。
もっと詳しい情報は、この商品のウェブページでご覧ください。

1/35 ソビエト戦車 T-55A

4,400円 税込

送料 510円
220ポイント獲得
(ITEM 35257)
※掲載した画像はキットを組み立て、塗装したものです。

カラー・サイズを選択してください。

西日本を中心とした大雨の影響について

7月4日(土)に発生した大雨の被害にあわれました皆様にお見舞い申しあげるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申しあげます。今回の大雨の影響により、配送の遅延などが発生する場合がございます。なお、配送の詳しい状況につきましては、各配送会社のホームページ等でご確認くださいますよう、お願い申し上げます。
ご参考)※外部のサイトとなります。

佐川急便
日本郵便

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど何とぞよろしくお願い申し上げます。