【 最強の虎、東部戦線に現る 】 第二次大戦中盤の1942年、従来のドイツ戦車とは一線を画す重装甲と、強力な88mm砲を備えて戦場に現れたのがタイガーIです。中でも、1942年11月から1943年6月にかけて生産された初期生産型は、円筒形のキューポラや発煙弾発射機、車体後部に装備したエアクリーナーなどが特徴でした。主に新編成の重戦車大隊に配備された初期生産型は、東部戦線を中心に展開。出現当初はまさに無敵を誇り、連合軍の脅威となったのです。

【 模型要目 】 タイガーI初期生産型の1/48スケール、プラスチックモデル組み立てキットです。★全長175mm、全幅77mm。★迫力あふれる重厚な姿を、組み立てやすいパーツ構成でリアルに再現。★初期生産型の特徴をとらえてモデル化しました。★足まわりも立体感ある仕上がり。履帯は直線部分を一体とした連結式です。★樹脂製シャーシに金属製ウェイトを組み込むことで、手にした時の重量感を演出。★東部戦線に展開した車輌のマーキング2種類をセット。
もっと詳しい情報は、この商品のウェブページでご覧ください。

1/48 ドイツ重戦車 タイガー I 初期生産型 (東部戦線)

new!

2,200円 税込

送料 510円
110ポイント獲得
(ITEM 32603)
※掲載した画像はキットを組み立て、塗装したものです。

カラー・サイズを選択してください。

【メンテナンスに伴うサイト休止のお知らせ】
平素よりタミヤ製品をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
このたび、メンテナンスのため、以下の期間、各Webサイトを停止いたします。
2022年7月4日(月)16時半〜20時ごろまで…タミヤ公式サイト(日/英)のサービスを停止
2022年7月5日(火)10時〜18時ごろまで……タミヤ公式サイト(日/英)のサービスを停止
※期間中は、カスタマーサービスへのメールによるお問い合わせができませんので、あらかじめご了承下さいませ。お客様にはご不便をおかけ致しますが、何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。