【 空母部隊の一翼を担った戦闘爆撃機型 】 第二次大戦の後半、高速性能と重武装で日本軍を圧倒したアメリカ海軍のコルセア。その中でも1944年4月に初めて空母艦載機として正式採用されたのがF4U-1Dです。窓枠のないセミバブル型キャノピーや付け根から太くなったプロペラ、視界改善のために位置を高めた操縦席などが特徴。翼内の12.7mm機銃6挺に加えて、内翼下面2ヶ所のパイロンに合計2,000ポンドまでの兵装類や落下タンク、さらに外翼にロケット弾8発の装着が可能。1945年2月にはアメリカ艦載機として初めて日本本土攻撃を行うなど、空母部隊の一翼を担いました。

【 模型要目 】 艦上機として航空母艦に初めて搭載されたF4U-1Dのプラスチックモデル組み立てキットです。★1/32スケール、全長318mm、全幅390mm。★フレームのないセミバブル型のキャノピーや幅が太いタイプのプロペラなどF4U-1Dの特徴を忠実に再現しました。★フラップとエレベーターは上げ下げの状態を選択可能。★2分割式のエンジンカウルは完成後も取り外しできます。★主脚と尾輪は駐機状態と飛行状態のどちらかを選べます。★増槽と1,000ポンド爆弾各2個に加え、ロケット弾8発のパーツもセット。★アメリカ海軍と海兵隊所属機のマーキング2種類付き。
もっと詳しい情報は、この商品のウェブページでご覧ください。

1/32 ヴォート F4U-1D コルセア

new!

15,984円 税込

送料無料
799ポイント獲得
(ITEM 60327)
※掲載した画像はキットを組み立て、塗装したものです。

カラー・サイズを選択してください。