【 1983年WRCチャンピオンマシンの雄姿、再び 】 世界ラリー選手権(WRC)を戦うためにイタリアのランチア社が開発したグループBマシンです。レーシングカーそのもののシャーシ構成に、300馬力オーバーのスーパーチャージャー付き2リッターDOHC4気筒エンジンをミドシップに縦置きに搭載して後輪を駆動。ピニンファリーナがデザインを担当した精悍で流麗なボディも特徴でした。1983年1月の開幕戦モンテカルロラリーで1、2位を独占し、その後も第5戦、第6戦、第7戦、第10戦で勝利を重ね、この年のメーカータイトルを獲得したのです。

【 内装付きのリアルボディと4WDシャーシで走りも楽しい 】 1983年の世界ラリー選手権チャンピオンマシン、ランチア037ラリーを再現した電動ラジオコントロールカーの組み立てキットです。前後スポイラーや張り出したフェンダーなどラリーを戦うための精悍なフォルムを精密金型によりリアルに再現。万一のクラッシュからボディを保護する専用フロントバンパーも装備しました。さらに、ワイパーやドアミラー、4連フォグランプも別パーツで用意し、ライト類はメッキパーツのケースと透明のレンズを別部品として高いスケール感を演出。ドライバーとコ・ドライバーを再現した内装パーツも付いて、走りの実感も十分。マルティーニストライプや多くのスポンサーロゴもステッカーでセットしました。シャーシはシャフトドライブ4WDのTA02-Sを採用。ダブルウィッシュボーン4輪独立サスにはCVAオイルダンパーを装備し、実車と同じデザインのホイールは半つやメッキ仕上げ、タイヤはレーシングセミスリックを装着しました。

【 基本スペック 】 ●スケール1/10 ●全長422mm、全幅186mm、全高132mm。●車体重量約1230g(RCメカ、バッテリー含まず) ●ホイールベース=236mm ●トレッド=前後とも152mm ●タイヤ幅/径=前後とも27/65mm ●フレーム=ABS樹脂製バスタブタイプ ●駆動方式=シャフトドライブ4WD ●デフギヤ方式=フロント:3ベベルデフ リヤ:ボールデフ ●ステアリング=3分割タイロッド式 ●サスペンション=前後ともダブルウイッシュボーン ●ダンパー=前後ともCVAオイルダンパー ●ギヤレシオ=8.59:1 ●540タイプモーター付き ●スピードコントローラー=ESC仕様(別売)

【 別にお求めいただくもの 】 ●ファインスペック2.4G電動RCドライブセット ●送信機用単3形電池4本
もっと詳しい情報は、この商品のウェブページでご覧ください。

別にお求め頂くもの

価格: 14,904円(税込)

送料:無料

745ポイント獲得

1/10RC ランチア 037 ラリー(TA02-Sシャーシ)

new!

21,384円 税込

送料無料
1069ポイント獲得
(ITEM 58654)
※掲載した画像はキットを組み立て、塗装したものです。

カラー・サイズを選択してください。