第二次大戦中、ドイツ軍が歩兵の支援用火器や対戦車兵器として数多く開発した自走砲。その中でも小柄なII号戦車の車体に巨大な歩兵支援用10.5cm砲を搭載し、1943年2月から終戦まで戦った自走榴弾砲ヴェスペのプラスチックモデル組み立てキットです。大きな攻撃力を持ちながらコンパクトにまとめられたスタイルを高い実感でモデル化しました。装甲板で囲まれたオープントップの戦闘室も高い密度で再現、10.5cm榴弾砲は上下左右に可動し、砲弾ラックや薬筒ケース、無線機などもリアルな仕上がりです。人形は冬をイメージして、ポケットに手を入れる戦闘服姿とコート姿の乗員2名をセットしました。
★完成時の全長143mm、全幅64mm

1/35 ドイツ自走榴弾砲 ヴェスペ

¥3,240 税込

送料 ¥400
162ポイント獲得
(ITEM 35200)
※掲載した画像はキットを組み立て、塗装したものです。

カラー・サイズを選択してください。

【クリスマスプレゼントをご検討の皆様へ】
12月23日(金)着指定をご希望の場合は12月18日(日)までにご注文をお願い致します。

★地域によってはお届けに1週間ほどお時間がかかる場合がございますので、お早めにご注文をお願い申し上げます。