太平洋戦争中、激増した駆逐艦の被害を補うため、日本海軍は構造を簡略化した丁型駆逐艦の建造を計画しました。その1番艦として昭和19年4月に竣工した松のプラスチックモデル組み立てキットです。工程の短縮と資材の節約を目的に直線と平面で構成されたシンプルな船体や艦橋、右舷へオフセットされた二番煙突など丁型駆逐艦松の特徴をあますところなくモデル化。そして主砲として装備した高角砲や多数の25mm三連装機銃などからは、米軍が制空権を握る大戦末期の激しい戦いも伝わります。
★完成時の全長143mm
もっと詳しい情報は、この商品のウェブページでご覧ください。

1/700 日本駆逐艦 松 (まつ)

972円 税込

送料 250円
49ポイント獲得
(ITEM 31428)
※掲載した画像はキットを組み立て、塗装したものです。

カラー・サイズを選択してください。