【アメリカ軍の守護神をさらにグレードアップ】 1950年代に開発が始められたM109自走砲シリーズの改良型として1992年から生産が開始され、2000年代にアメリカ陸軍の主力自走砲となったのがM109A6パラディンです。全周旋回砲塔に長砲身39口径155mm榴弾砲を搭載し、通常弾で24km、ロケット補助推進弾で30kmの射程を誇り、自動射撃統制装置により精度の高い砲撃が可能。2002年までに975輌が生産され、2003年のイラク戦争で初陣を飾りました。★タミヤ・イタレリのM109A6パラディンをさらにグレードアップ。★砲身基部のMVS(初速測定器)や予備履帯、紙製の携帯食料用カートンも新たに追加。★砲塔バスケットのネットや水ポリタンク用ストラップバックルなどのエッチングパーツをセット。★履帯は接着・塗装可能なベルト式に変更。★イラク戦争時のデカール3種類付き。※自走砲のパーツはイタレリ社製。※乗員の半身像2体に加え、アクセサリーも豊富にセット。
もっと詳しい情報は、この商品のウェブページでご覧ください。

1/35 アメリカ自走砲 M109A6パラディン “イラク戦争”

4,536円 税込

送料 400円
227ポイント獲得
(ITEM 37026)
※掲載した画像はキットを組み立て、塗装したものです。

カラー・サイズを選択してください。

西日本地域での豪雨による災害のお見舞い

この度の西日本地域での豪雨により、被災なさった皆様へお見舞い申し上げます。
被災なさった皆様のご安全と被災地域の復興を、心よりお祈り申し上げます。

弊社では通常通り業務を行っておりますが、災害の影響により製品や修理品の到着遅れ等が発生する場合がございますので予めご了承下さいませ。