【大戦初期のドイツ車輌を中心に幅広く使える】
機能性の追求により燃料携行缶として高い完成度を誇っているのがドイツ軍のジェリカンです。大きく分けてシンプルなXパターンのプレスラインが入った初期型と、強度を高めるため複雑なパターンとなった中期以降のタイプがありました。初期型は主としてポーランド戦から北アフリカ、ロシア戦線初期まで使われ、一部は大戦後半まで使われ続けました。

【模型要目】

★ドイツ軍の初期型ジェリカン12個をセットしたプラスチックモデル組み立てキットです。★Xパターンのプレスラインや“Kraftstoff 20L”の文字もシャープな彫刻で表現。★クルッププロッツェなど、主に大戦前半に使われた車輌のアクセサリーとして積載できます。★ジェリカンに加え、2種類の雑具箱、ジャッキ、ジャッキ台、ノテックライト、車間表示灯などのパーツも用意しました。
もっと詳しい情報は、この商品のウェブページでご覧ください。

1/35 ドイツ初期型ジェリカンセット

¥540 税込

送料 ¥400
27ポイント獲得
(ITEM 35315)
※掲載した画像はキットを組み立て、塗装したものです。

カラー・サイズを選択してください。

【クリスマスプレゼントをご検討の皆様へ】
12月23日(金)着指定をご希望の場合は12月18日(日)までにご注文をお願い致します。

★地域によってはお届けに1週間ほどお時間がかかる場合がございますので、お早めにご注文をお願い申し上げます。