第二次大戦中、ドイツ軍はT34など強力なソ連戦車に対抗するため、チェコ製38(t)戦車の車体を流用した対戦車自走砲マーダーIII各型の開発を進めました。中でも1943年5月に生産が開始されたマーダーIIIの最終型、M型を再現したプラスチックモデル組み立てキットです。戦闘室を車体後部に配置し、低く身構えた精悍な姿をリアルにモデル化。主砲装填部や砲弾ラックなど戦闘室もパーツ点数をおさえながら立体感あふれる仕上がりです。キャタピラはパーツの一体化を進めた連結組立て式で、上部のたるみもリアルに表現。シャーシ内部にはウェイトを取り付けて重量感を演出します。乗員の人形1体、マーキングは3種類を用意しました。
★完成時の全長110mm
もっと詳しい情報は、この商品のウェブページでご覧ください。

1/48 ドイツ対戦車自走砲 マーダーIII M (7.5cm Pak40搭載型)

¥1,944 税込

送料 ¥400
97ポイント獲得
(ITEM 32568)
※掲載した画像はキットを組み立て、塗装したものです。

カラー・サイズを選択してください。

【クリスマスプレゼントをご検討の皆様へ】
12月23日(金)着指定をご希望の場合は12月18日(日)までにご注文をお願い致します。

★地域によってはお届けに1週間ほどお時間がかかる場合がございますので、お早めにご注文をお願い申し上げます。